文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 音声証拠

音声証拠

2020年12月14日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

浮気調査のほとんどは、不貞の証拠を必要とする
不貞の証拠とは、男女のエッチ関係が明らかな証拠である

浮気調査が始まれば、いろいろなシュチュエーションがあるが
不貞の証拠として、目指す第一位はラブホの出入りになります
男と女がラブホに、2.3時間滞在したら『エッチをしていた』と
思うのが一般的な考えですが
『相談事があったから、ラブホに行った』と平気で嘘をつく人がいる
だから、ラブホの出入りは、少なくても2回以上は必要としている

カーセックスもなかなかの曲者だ
海に向かってとか、駐車場の隅っこでとか、田んぼの真ん中でとか
CSをするほとんどの車は、スモークで中の様子が見えなかったりする
エッチをしているコトが明らかでも、不貞の証拠にはなりにくい
そこで、誰もが思いつくのが、音声録音機(レコーダ)の設置になります

音声録音機は、どうしても無断で秘密に設置することになりますので
人格権侵害として違法となるところです
しかし、ただちに証拠能力が否定されることはないようです
実際に裁判となれば、明白な証拠が揃わない時には
音声記録が証拠として提出されることがあります
民事訴訟法には証拠能力を制限する規定は存在しません
音声記録を、人格権侵害を伴う方法によって収集された場合は、ダメですが
そうじゃないときは、証拠能力が認められています
つまり、音声記録は文書の一部として取り扱われています

音声録音された人との紛争が起こるリスクはゼロじゃないので
私は、あまりお勧めしません(-_-;)
『いつかは、ラブホテルへ行く』
『いつかは、帰り際に、キスをする』そう願って、調査の継続を促しています

音声記録を裁判所に提出する場合、音声データのまま提出しても
証拠として採用されないことが多く
「文字に起こして・・」と言われるケースがほとんどです
そんな【素起こし】は、全ての言葉をそのまんま書き出します
2回ほど素起こしを経験しましたが、しんどいものです(-_-;)
普通の会話のうちはいいのですが
エッチをしているときの音声をカットせずに。となると
「ハァーン」「イクイクイク」「ギコギコとベットがきしむ音」
「フンガフンガ」「オラオラ出だジャー」・・・
聞き取れないし、のぼせてくるし、めまいがしてくるので、二度とやってません

浮気相手と「愛してる」などの音声がとれて浮気を認めても
親権問題や慰謝料問題が関わってきた途端に
「あれは冗談だった」と、手のひら返しをする人はたくさんいます
また、エッチをしていると思われる音声があったとしても
いつどこで誰と誰が、本当にエッチをしているかまでは分かりません
探偵に依頼をして、映像証拠とセットで抑えるべきです
音声記録が必要な時期が来れば、探偵が指示してくるはずです
映像証拠を掴む前に、勝手に設置して、配偶者にバレた依頼人もいました
もちろん、調査と費用がパーになったことは言うまでもありません

音声記録を証拠として提出するかどうかについては
訴訟の勝敗の見込み
録音の具体的な状況
違法と評価されるリスクの状況
裁判の影響に考慮して判断するべきです

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表