文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > ハート調べ

ハート調べ

2019年09月17日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

探偵業務には、結婚調査というものがあり
お付き合いしている相手やその家族の素性調査を依頼される
個人情報には取得の制限もあるし
結婚に関心を持たない若者が増えた分、結婚調査は減ったかな・・

しかし、別の形での結婚調査が増えてきました
情報をある程度把握した上で依頼してくるのが普通なのに
結婚相手の基本的な情報すら、知らないでの依頼が増えてきている
合コンや、ナンチャラサイトで知り合い
結婚を意識するような段階になっても
勤務先や住所をよく知らないと言う人がいる
中には本名を知らないという強者もいる
結婚に対する考え方が崩れているような気がします

今や「晩婚化」。40.50を過ぎても結婚せずに実家暮らし
なんていうお方がたくさんいらっしゃいます
愛し合って結婚したのに、すぐに離婚
そして慰謝料や養育費などの問題が泥沼化する
これじゃ、結婚に対するイメージが悪いのは当然かもしれない
3組に1組が離婚する日本、その原因の多くは異性関係
2017年、男性の33%、女性の18%が浮気を経験してるってよ

こんな中『結婚したいから彼氏に会ってほしい♪』となれば
親にとっては、大事に大事に育ててきた我が子
「ヤバい男だったらどうしよう」と身構えるものです
最近、私の二人の娘も年頃になりました
「彼氏と一緒に挨拶に来る」だの
「令和元年には籍をいれたい」だのと話が聞こえてくると
嬉しいより、身構えるというか、ソワソワするものです
いざ、彼氏を連れて来られても探偵のクセに
根掘り葉掘り、聞き出す勇気はないものです。ガーン
初めて出会った●秒で第一印象が決まるとも言われていますが
実際の所は、なかなかわかるものではありません
ある人に、探偵なんだから、簡単に調べられるでしょ(・・?
と言われたことがありますが
《真のハート》は誰にも調べられません

昭和の時代によく言われていた
理想の条件3KのKは「高」を意味してて
身長・学歴・収入が揃って高い男を示します
バブルの時代だからこそ、出来た言葉なのかもしれません
令和はどんな理想が求められているのだろうか・・・

Kがナンボ揃っていようが、ダメ男はたくさんいる
優しいか
思いやりはあるか
私だったら、やっぱり「性格・人柄」は一番見逃せない
男は死ぬほど優しい人の方が
女は幸せになれると思います

幸せになってくれと手を合わせても、なれるもんじゃないけど
親としては願うしかありません(o^―^o)
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表