文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 別居後の…

別居後の…

2014年09月16日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

結婚して2年で妻が生まれたばかりの子供を連れて
実家に帰ってしまった
原因は依頼人の浮気性である
浮気といっても本気ではなく出張先でデリヘルを呼んだこと
社内やSNSで知り合った女の子と食事やエッチをしたこと
自分に背信行為があったと認めている

別居直前まで、離婚と慰謝料と養育費の要求がでていた
しかし別居してから1年半、ほとんど音信不通で
生活費は要求されていないから支払っていない。という
子供、心配じゃないんだろうか・・(呆)

たまたま、妻と子供と見知らぬ男性が一緒にいるところを
見たそうで
依頼人が考えたのは、不貞関係を暴き相殺をする
つまり慰謝料をチャラにしょうと考えていた

私は、依頼人に助言した
背信行為によって夫婦関係が悪化して別居になった
音信不通で1年半も生活費を渡していない
これでは、すでに「夫婦関係は破綻している」と判断されます

夫婦破綻後の異性との付き合いについて
2人が肉体関係に至っていない場合には
そもそも「不倫」にはあたらない
仮に肉体関係があったとしても、今回の事情を踏まえると
「不貞行為」にはならない可能性が高いかも
という話をした上で、調査の依頼を受けた

調査の結果はグレイだった
週末に買い物や子供のための遊楽施設へ
同棲しているわけでもなく、やましいことも一切無かった
しかも、男性は数ヶ月前に関東から転勤してきたので
付き合いも最近であることが判明した

報告書をみて、依頼人は
「すんげー弁護士に頼んだら慰謝料とれるべ」

イヤイヤ、支払う必要があるのはあなたダケだよ・・(呆)

別居後の浮気調査は
別居前までに夫婦が破綻していたかどうか
それが、重大な鍵となります

性格が合わない。ツマラナイ。セックスレスだ
という理由で別居後、新しい異性とチョメチョメは
立派な不貞行為になりますのでご注意ください
これは、破綻前のわがままです(笑)

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表