文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 車内不倫

車内不倫

2013年11月18日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

不倫の密会場所やパターンが変わってきた
7、8年前までは、どこかで落ち合って
ドライブして食事をしてラブホテルが定番だった
近年はそのパターンが崩れたといってもいい
景気の悪化により羽振りの悪い不倫が増えたのか
食事はドライブスルー、ガソリンが
高くなったこともありドライブもせず
オープンスペースのPに3時間も居て
エッチはPで後部座席で済ませてしまう

葬儀車両のようにスモークに黒幕
これじゃ、どんなカメラでも太刀打ちできず
せいぜい、車が上下に揺れる映像か
採光によっては、隙間からイチャつく影が
撮れるくらいである
この場合、数回の調査が必要になります

なので車内に発信機かレコーダーを仕掛ける
調査方法が多くなりました
機能もバッテリー量もアップしたので
証拠を掴むには便利なものです。しかし
発見された時のリスクが大なのでお勧めしません
ただ、勇気があるクライアント様には車両へ仕掛けていただき
乗り降りや車体の揺れ等の映像にアハ音声を
付け加えて報告をする場合もあります
ハイリスクですがベストな方法かもしれません

車内でエッチをする場合、フロント方向は
田んぼや建物の壁に向かうのが定番で常識です
運が良く、建物に隙間があった場合には
キスシーンがゲキシャされるときもありますが
ちょー稀です
車内不倫するカップルも必死ですから
なかなか、いい場所を数箇所も知っています

また、そんな不倫カップルは
たまにイヤラシい臭いの付いたテッシュを
車外に捨てて帰るケースもあります
もちろん回収です
中に、コンドウ●やセイ●が入っていれば
裁判での重要な証拠になりますからね
危険なので持ち帰りましょう

やはりホテルの出入りがベストだ。といって
3ヶ月も調査をしたクライアントがいましたが
一度もホテルには行きませんでした
つまり、車はエッチをする特定場所ではないので
数時間、コモっていても、不貞行為とは
言い切れず、調査がとても厄介になりました
コレヲ読んだから。って、真似をせずに
ヤルなら車外、らぶほでお願いしまーーす

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表