文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八戸市周辺のテイクアウト飲食店情報 R38テイクアウト

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 愛情と静観

愛情と静観

2020年01月13日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

『前から思っていたけど、もう一緒に居られない』
『ちょっと距離を置いてみたいんだ』
『家族とは、何なのかわからなくなってしまった』

いい夫(妻)だったのに、こんな感じで、突然離婚を迫られた場合
一般的には、浮気相手に「早く離婚して」と急ぎたてられているか
今まで経験したことのない相手に、ノメリ込んでいるか・・・
どんな相手にせよ、浮気相手が絶対にいる。と思って常識です
ジタバタせず、先ずは日記を書き始めてください、必ず役に立ちます
今回ばかりは、もう許せない!!とか、絶対に慰謝料請求だ!!と
決意をするのであれば、四の五の言わずに弁護士または
一般社団法人東北調査業協会の会員の探偵社へご相談ください
https://tohoku-kyoukai.jimdofree.com/

別れたくない気持ちが少しでもある方は
先ずは、これらはやっちゃいけません
■配偶者に問い詰める
■無視、挨拶さえ交わさなくなる
■スマホ・財布・カバン・パンツ等のチェックをする
■車の中をあさる、レンタルGPSを取り付ける
■配偶者の両親、身内に相談する
■浮気相手の挑発にのってしまう(ワン切り・ひっかき傷)
■浮気相手と会っているだろうタイミングに電話、メールをする
■浮気相手にサグりの連絡をする

別れ話の次に仕掛けてくるのは、別居や調停です
もしも、別居になったなら
配偶者は【心を休めるための空間がほしたいだけ】と理解する
別居してもスマホだけは、繋がっているものですが
これだけはやらないでください
■近況の写真を添付して送ること(特に子供の写真)
■行動を探るような文面を送ること
■帰ってきてほしいと説得する文面を送ること
挨拶・天気・体調を気遣うくらいの内容で
返事が返ってくるような雰囲気を作ること
とにかく毎日のように繋がっていること

もしも、調停になったなら
配偶者の悪口は言わない、離婚なんて一切考えていないと言い切る
そして、調停を穏便にお流れにする
この時間の経過で、夢から覚めていくケースもあります
ジタバタしてては、上手くいくのもうまくいかない
突然の出来事には【静観】で対応しましょう。ということです
静観すれば、本質的な気持ちを見極めることができる
静観とはいえ、いい武器になるんです

話がぶっ飛びますが
浮気の原因は愛情不足が大きく関わっている
愛情とは、その人のことを大切にしたいという気持ちであり
その人がしてほしいことをしてあげて
その人の喜ぶ顔をみて、自分のココロが踊る状態のコトだと思う
その人の想いに添っていなかったり、その人の気持ちからズレ
不足したりすると、他からの愛情を求めてしまい
浮気に発展するのだと思います
腐ったリンゴは、家出した少年少女として扱い
静観し愛情を注ぎなおすことが、離婚回避の方法だと思う

P.S
心の弱い人が心の病になると言われてきましたが
今や、そういう概念はなく「愛情不足」が
心を壊し「世の中の生きにくさ」を誘発している
それだけ、愛情は重要だということで

 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表