文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 探偵G

探偵G

2019年09月01日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

30代半ばの男性が、2年間付き合っている彼女の
浮気調査について相談がしたいといって事務所にやってきた

最近、デートの断りが多くなり、そんな日に限って
彼女の車が自宅の前に停まっていないとか
依頼をしたい気持ちが山ほどあるのだが、費用が足りない様子
「どこまで知ったら費用が安くなるのか?」と聞かれたので
「少しでも自分で調べようとしてますか?」と問いただすと
「もうGを付けてます」と正直に答えやがった
しているコトの重大さをわかっちゃいないな(-_-;)

何年付き合っていようと、結婚していなければ赤の他人
Gを取り付ける行為は軽犯罪となるし
バレなきゃいいという問題じゃなく
あなたがしていることはストーカー行為です
このまま続けると、住居侵入罪、プライバシーの侵害
迷惑防止条例違反、つきまとい行為に該当する場合もでてきます
ストーカーは、れっきとした犯罪行為であり
犯罪者を助けるような依頼は受けません
探偵をダマして調査をスタートできたとしても
ストーカー目的であることが判明すれば調査は中断
誓約上、損害賠償を請求されることもあります
目的を偽っての調査依頼は絶対にしないでくださいね。と
少し冷たかったかもしれないが、この段階で帰ってもらった
平気でGを付けるお方は、正直好きじゃないんだよね(-_-;)

そんなGを取り付けて下調べをしてから
依頼をしにくる配偶者が増えてきました
Gを取り付けたことによる情報
たとえば《待ち合わせは、あそこの駐車場でしている》とか
《あそこのLOVEホによく行く》などと提供されても
調査費用は下がることはありません、あしからず(-_-;)

夫婦の場合、車両は共有財産と見なされるので
車両にGを取り付けることが可能です
法律的には問題はありません
どうぞ、好きなように取り付けちゃってください
ただ、別居している場合は車両は共有財産ですが
取り付けのために、配偶者の実家の敷地に侵入したら
住居侵入罪になりますので注意が必要です
ちなみに配偶者が使用している会社の車両は
会社の所有物なので取り付けることはできません
バレたら損害賠償を請求される可能性もあります

なんかバレなきゃ、いいだろうって話になってますが
バレるリスクは必ずあると思ってください
バレたときは、夫婦関係が必ず悪化します
有利だった調停が不利になった人も多くいました
感情的になり、浮気現場へ来てしまい大失敗した人もいます
不利な状況にしかなりませんので、素人Gは大反対です

Gを付けちゃうとこんなことが起こります
■目を見て会話をしなくなる
■リアルタイムに知りたくもない事実がわかるから
グングンとメンタルがやられます
■真っ赤なウソに反応し、感情的になってしまう

こんな感じで、ついついやらかします
「遅かったわね、どこに行ってたの?」
「〇〇に寄って来たんだよ」
「で・・そのあとは?」
こんな会話で即バレです
怪しまれてググられれば
「車両ロガー」「車両GPS」などがでてきます
そしてコッソリと探され、Gバレするのです

素人は心理戦においても
探偵が持つノウハウを持っていません
Gバレするリスクが何十倍も高くなります
浮気を疑ってメンタルが弱っているときに
お金がないからと言って、素人Gは危険です

もう秋ですが『飛んで火にいる夏の虫~』

浮気を疑っているならば
慰謝料として、お金は戻ってくるはずです
下手な真似はせずに
『一般社団法人東北調査業協会』の会員
探偵Gにお任せください
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表