文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 貞操義務違反

貞操義務違反

2016年06月27日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

嫁5●歳は「実家に帰る」と言っていたのに
ほとんど、車が実家にいない
きっと、別の所に転がり込んだに違いない
どこに寝泊まりしているのか、もし相手が男だったら
慰謝料をとるための、証拠写真がほしい。と
夫6●歳から、嫁の行動調査の依頼があった

結婚して3●年、現在2人暮らし、別居して2ヶ月が経つ

別居後の調査は、よーく話を聞いてから調査します
状況によっては、調査の意味を持たないことがあるからです

慰謝料が請求できるか、どうかは、別居の目的が肝です
1.夫婦再生の為の別居なのか
2.離婚に向けての別居なのか
3.夫婦関係が破綻しているか、してないか
婚姻期間、別居期間、夫婦関係の有無、別居後の連絡状況
夫婦関係が悪化するに至った事情等で判断されます

嫁が残した言葉は「頭を冷やしたい」とのこと
セックスレス歴が3年、1年前から、ほとんど会話もなくなっていた
夫にすれば、1.の夫婦再生のつもりだろうが
嫁にすれば、2.の離婚に向けての別居のつもりだろう
と、私は思っていた

調査開始
嫁は勤務を終えて、見た目、お一人様分ではない
食料をスーパーで買い込んだ
堂々と、敷地内に車両を停め、両手に買い物袋を持って
一軒家に入っていった
同居人は、バツイチの独身男性6●歳1人と判明した
一緒に外出することがなく、2人はいつもバラバラ行動だった
2人の接点が、会社絡みと判明したが、男女の関係を
証明するには至らず調査を終えた

報告後、依頼人の夫から電話があった
嫁に男女関係を問いただしたところ
「一緒にやっていけないから避難した」と言われたので
なんとか「男女の関係を証明できないか」ということだった

避難という言葉が引っ掛かったので
もう一度、よーく、話を聞いてみたことろ
セックスレス歴も会話も10年以上無し
生活費等も別々の状態で、その原因は夫の浮気と判明した

これって【籍が入っているだけ】の家庭内別居でしょ・・

先に「貞操義務」に違反したのは夫
貞操義務違反とは、配偶者以外の異性と性交することを意味します
それで、夫婦関係が壊れていたのだから
はじめから、調査は無駄だったのである

妻が不倫して、夫婦関係が悪くなり、別居に至った
このパターンはもちろん慰謝料請求できますが
夫婦関係が破綻していて、別居後、異性がデキた。としても
慰謝料請求は厳しいということを
知っておいてください
結局、再調査は受け付けませんでした

うそをついての依頼はよくありません
なんで、見栄を張るかな~(汗)
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

たなか さん

06月27日 17時44分47秒

私も同じような経験があります。離婚後妻はちゃっかり結婚してました
思い出したくない過去、ファーです

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表