文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 大逆襲

大逆襲

2015年08月24日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

娘から、父親の調査依頼、父6●歳、母7●歳の2人暮らし
実家が近くにあり、月に3回程度は顔を出している
昔から父親は母親に対して思いやりや、優しさが全く無かった
特に、言葉の暴力がひどく、良く言えば、亭主関白過ぎた
私達、姉妹に見られないように、よく陰で泣いてました
母親は今も、知らないと思うが父親は浮気していることを
学生のときから薄々、気が付いていた
当時、歳の離れた、妹が居たし、両親がケンカするのを
見るのが苦痛だったので、知らないフリをしていた

父親はそろそろ定年を迎える
母親は一時、パートで働いたが専業主婦をしてきた
若い頃の父親は、自分でも、死んでしまえばいいと思う位に酷かった
妹も、愛情不足のせいで、グレた時期もありました
最近は歳のせいで、少しは、丸くなったような気がする
ただ、母親には、昔はああされた、こうされたと
実家に行くたびに、愚痴られている
先日、母親から「定年を期に別れたい」と離婚の相談をされた
こんな高齢での離婚は流石にどうかと思った。が

結婚して実家を出てから、10年ぶりに、父親の携帯を覗いてみた
やっぱり、愛人とは続いていたことがわかった
状況からして「歳なんだから、我慢したら」は、ないだろうと思った
騙し続けられてきた母親に、残された時間を少しでも幸せに
穏やかに、そして一緒に暮らしてあげたい。と、思うようになった
ならば、証拠を掴んで、できるだけたくさんの財産を
母親に残してあげようと、調査の依頼をしてきた
このように、娘が母親のために。は、結構アルが
息子が母親のために。は、滅多にナイ

調査の結果、父親が通っているところには
●0代の愛人のほかに、●0代の子供も一緒に住んでいた
映像を見ると、うっすらと依頼人や父親に似ていた
隠し子カモしれないとの報告に、うっすらと涙を浮かべながら
「これが、現実か。じっくり話し合う必要がありますね」
はい。。
父親が、認知をしていれば、戸籍で分かるはずなので
認知はされていないでしよう・・が
この先、認知した場合、嫡出子と同等の相続権が、非嫡出子にもあります
慰謝料、財産分与、年金分割、遺産相続など貰えるものがあるだろうが
父親の隠し子だとしたら問題は山積みです(汗)

それより、20年以上もの間、夫に愛されもせずに
コソコソ愛人と遊んでいたことのほうが
お母さんとしては衝撃的だろう
お母さんのために是非、逆襲してあげてください
妹さんと協力して、お父さんを、成敗です
死ぬまで搾りとってやりましょーよ!!(怒)

数日後、娘さんから電話があった
母親は「女がいることは知っていた、姉妹のために我慢したんだよ・・
調査ありがとね。」

これから、女3人での大逆襲が始まります

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表