文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > とりぷる?

とりぷる?

2014年11月17日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

もう15年以上も前の話です。
60代の男性から妻が浮気をしているかもしれないから
調べて欲しいと依頼があった

怪しいと疑われている男性はカラオケ仲間で
夫婦共々仲良くしている旦那様2人だった
説明しますよ。
依頼人夫婦をA組とします
他のご夫婦はB組とC組としましょう
依頼人Aの奥様がBCの旦那様とデキてるのでは?という疑いです
たしか全員、60歳代だった

依頼人A夫はB妻とC妻から
「あなたの奥さんと自分達の夫はデキているかも」と指摘された
6人が一緒に写っている写真を見せながら説明してくれた
調査依頼はA夫、B妻、C妻の3人で
調査料金は3人でお支払いだったので、たくさん頂けた

その当時は、探偵業法など無かったから
平気で●P●を利用して調査をしていた
男性らの車両2台に付けるのは面倒だったので
超小型のヤツをA妻の定番で持って歩くカバンに忍び込ませた
※最近は素人さんがネットで注文して
 第3者に取り付けた事がトラブルになった話を聞きます
 最悪の場合、器物損壊罪で告訴されますのでご注意ください

調査の結果、A妻はB夫とC夫と交互に
カラオケボックスで密会していた
知ってます?まだ、昔と近いものが何件かありますけど
その当時、貨物列車っていうかペンキ塗ったコンテナが
広い敷地にずらりとコの字に並んでたんですよ
流行ってましたねーーたくさんありました

ホテルに行かずに
ボックスの中でコソコソっとヤルわけよ
店主の意向なのかな・・
ドアをスモークで中身が見えないようになってて
今よりは、遥かにヤリやすかった、ホテル代わりだったのです
当時のカラオケボックスはソレが売りだったような気もします
その分、撮影は困難でした。でも、探偵はがんばる
歳だから?激しくなかったけど
どーにかこーにか撮りましたね

年配といえど、昼と夜のダブルヘッダーもありました
3勝1敗でB夫の勝ちでした
そして、事件が起こるのでした
A妻とB夫がカラオケボックスでイチャイチャしていたときに
3コくらい隣のボックスへA夫とC妻がお忍びするところを
見てしまったのであります
そう、航空機でいうニアミスです

当時は携帯など普及しておらず
速攻、依頼人A夫がいるボックスへ駆け寄りました
トントンノックをしましたら、すぐに出てこないんですよ
怪しい関係だったのでしょうね・・
やっとこさ出てきて、私を見てギョッとしてました
コトを説明した途端にA夫は顔が青ざめてて
C妻はずっと下を向いて手で顔を覆ってましたね
2人がサワサワとその場を立ち去る格好は
いまでも可笑しくて忘れません

数日後、A夫が報告書を受け取りに来ましたが
気まずかったのでしょう
たったの、3分で帰りました(笑)
実は、B妻とも遊んでたかもしれませんなー
だったとしたら、凄くないですか・・・コノ関係

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表