文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 月と鼈

月と鼈

2018年10月22日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

結婚●年目です
嫁の様子が、ず~っとおかしかったんです
その理由が、嫁の浮気。とはっきりわかりました
県外に住む既婚男性で自分たちが結婚する前から続いていた
自分のカードが勝手に使われていたのをきっかけに
嫁のスマホの中身をチェックしたら
男と写っている写真がたくさん出てきた
実家に帰ると言っていた日にも男と会っていました
男の名前も自宅の住所も嫁のスマホから全部わかりました
好きで結婚したので、ショック過ぎましたが
離婚が決定的になってくると、怒りと憎しみがこみ上げてきました
こうなったら、自分でトコトンやってやろうと思いました

慰謝料をいただくためにも確実な証拠を撮ってやろうと
友人に頼んでチャレンジしました
男のLINEのやりとりが覗けていたので
待ち合わせの日時と場所、食事をする場所
更に男が出張と偽り泊るホテルまでがわかっていた
これだけわかっていたら、余裕で証拠が撮れると思っていました
ところが、嫁と男が出会ってから5分と持たず
食事場所までの移動時に振り返った嫁に友人がバレてしまい断念
嫁に対して、うまくごまかした。と言ってましたが
嫁はスマホの暗証番号を変更してしまい
会う約束の日さえ分からなくなったのです(-_-;)

調査手段を失い、弁護士数人、探偵数人、様々な人に出会い
相談をしてきた結果、藁をもすがる思いでいる人間を
カモにしようとする人がいるんだな~と痛感した(-_-;)
そんな中、探偵兼離婚カウンセラーにガッンと言われたフレーズが
【ケチる所を間違えるな】でした
あとから調べたら、そちらの会社系列の女性でした
路頭に迷っていましたが、そちらに依頼しようと思います
調査料金は自分にとって本当に大金ですが
やらずに後悔するより、やってみよう!と思いました

素人が配偶者の浮気調査を行うことは問題がありませんが
今回のように、顔を知られている友人や本人が尾行すると
途中で気づかれてしまう可能性があります 

違法な調査もアウトです
他人の敷地に入るのは違法ですから
敷地外の道路などから撮影しなければなりません
明暗や距離等の状況によって
数種類の機材も準備しておかなければなりません
報告書に添付されるような
決定的な証拠を押さえるのはかなり難しいものです
(お友達はスマホで撮影しょうとしたらしい・・・(-_-;))

違法な方法で撮影した証拠写真などは
裁判所では証拠として認めてもらえません
逆に違法行為の責任を問われてしまう恐れがあります

浮気の証拠が必要なら
はじめからプロの探偵に依頼した方がいいに決まっています
プロの探偵は浮気調査を豊富に経験していて
尾行のノウハウを擁しているし
何より勝るのが調査のカンを持っています
だからこそ、気付かれにくく調査することができるのです

ただし、依頼する場合は、すぐに依頼するのではなく
電話、面会などで信頼できるプロの探偵かどうかを
見極める必要がありますので、慌てないようにしてください

警戒心が、かなりあったがプロの探偵からしたら余裕
ビジネスホテルだったので部屋の出入りの映像を2回撮り
前日、調査報告完了

比べるコトではありませんが
やはり【月とすっぽんです】なのです
●似ているのは形だけで
その差は比較にもならないほど大きい
●簡単に食らいつくのがすっぽんだが
月は手を伸ばしたところで届かない

素人とプロの差を、納得されたでしょうか(^▽^)/

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表