文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > ストレスフルですが…

ストレスフルですが…

2017年04月28日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

【配偶者の様子がおかしい】と感じて
浮気調査を依頼をするのだから【不貞の結果が出るのは当然】
では、ありません(-_-;)

浮気調査の相談内容から判断して早速
【浮気してないな】と、心の中で思う案件はたくさんあります
【具体的な事】があれば別ですが、ほぼありません
また、いつ、どこで、なぜ浮気をしていると思ったのか
【具体的に答えられない】のが特徴です
盗聴器発見調査でもよくある話で
なぜ盗聴されているか、わからない
となれば【盗聴器は発見されません】

高齢の女性によく見られる傾向(当社比)で【妄想依頼】です
現在、妄想依頼の調査を3件、抱えています
依頼人はすべて、ガラケー所持者で60歳を超えています
割と多いのが、本当に過去に浮気をされたことがあって
それがトラウマになっているケースです
調査のために旦那さんの写真をお借りすると
不思議なことに、20年以上も前の写真なのです
この時から、時が止まっているんですね・・
不信が積み重なり、時が満ちると、依頼するのでしょう

すっかり認知症であれば別ですが
「調査をしても無駄ですよ」と言う探偵はいません
依頼人は、絶対に女がいると、意気込んでいますので
ほぼ契約が成立します
気を付けてほしいのが《継続の勧め》です
結果が出るはずもないのに悪徳探偵は誘導し
バンバン高額費用を上乗せしてきますのでご注意ください

妄想依頼の調査は、ストレスフルです(-_-;)

調査に入り5分もすると
「今日こそ、女と会うと思います」
「いまどうですか」
「まだ会いませんか」
「それらしい女はいませんか」
何も連絡していないのに
メールがバンバン入ってきて調査に支障をきたします

対象者が寝床に入る頃には
「何故、会わなかったのか、警戒でしょうか」
「何故、あそこのコンビニに寄ったのかしら」
ジャンジャン質問攻めされ、私の休息タイムが奪われます

眠れないのでしょーか、朝の5時には
「昨夜から、機嫌がいいので、今日は絶対女と会います
会ったら女の後をつけて名前を調べてください」
と、メールで起こされ、睡眠時間を奪われます

長時間の拘束、ありえない目標の指示
意見は違うし、せっかくの助言も却下されてしまう
ストレスハンパありません

昨年の夏、調査中に妄想がエスカレートして
経過報告した場所に、偵察に来た依頼人が見つかってしまった
(調査はバレてません)
旦那に、愛想をつかしてしまい、70近くで、別居する破目に
本当に女がいるのであれば具体的な行動にでますから
じっくりと様子を見てください。と、調査を終えた・・のに
今、激安費用で調査してます(-_-;)

一度の浮気が、された方の精神を狂わせてしまいます
された方は、当時の攻撃的な感情を引き戻す時があります
攻撃的な感情を受けると、距離を保ちたいものでしょーが
「昔のコトだ」とか「ばかばかしい」と、鼻であしらわずに
キチンと向き合っていただきたい

黒の証明より白の証明をすることがキツイ
妄想調査はストレスフルな調査ですが
結果が白であることを理解し安心して暮らしてもらい
再調査の無いように必死こいて調査をしています(^▽^)/

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて20年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表