文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 無の証明

無の証明

2022年08月08日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

事務所のドアがトントントン
すると、60代後半の女性がドアからひょっこりと顔を出していた
15年位前盗聴の件で、私にお世話になっているというので
あーハイハイと返事をするものの、私の記憶にはうっすらもない(-_-;)
先ずはこちらに座ってください、といって話を聞き始めた

開口一番に「首の辺りに何かを埋め込まれたんです!!」
その犯人は10年前に別れた元夫で、嫌がらせをしてくるのだという
その証拠に、聴診器を体に当てると、変な音が聞こえてくるはず
だって、自分の耳には普段から様々な音が聞こえてくるの
その後も、強烈な妄想体験を話してくるのですが
私の意見は聞き入れてもくれず、血圧がグングン上がっていくのが分かった

要するに、嫌がらせが第3者にバレないようにするための技術と機器と方法を
元夫がネットの裏サイトから入手しているはずだから
その裏サイトを探し出してほしい、というのが依頼だった
私は、そんな非現実的な調査は結果が出ませんよ
そもそも、そんなサイトがあるわけがありませんと、突っぱねると
「私がこうなったんだから、絶対にあるはずだ!!」と顔色を変えて食い下がってきた
全くありもしない話を聞かされて、流石にのぼせてしまいました(-_-;)
「だったら別の探偵に依頼してください!!」と追い出すように言いましたが
何度も聞いた被害状況をまた繰り返し、しゃべり出す始末
助けてくれたのは、クロネコヤマトの代引き受け取りでした
「すみません、もう忙しいので!!」と睨みを利かして相談者に言うと
やっと事務所を出て行ってくれました、心臓に悪い相談者でしたねーー

チョットした出来事を理由や根拠もなく勝手に解釈して
人から攻撃されているとか、人に利用されているとか、人に狙われているとか
不信感や疑念を病的に疑ってしまう、心の病でしよ
それにしても強烈だったなー、私の中では最強だったかもしれません
素人さんが接見したら、出口のない迷路に入り込んだ気分になるでしよう

ここまでの話とは違いますが、似たような話をします
浮気調査をすれば、不貞の結果が必ず出るとは限りません
盗聴検査をすれば、盗聴器が必ず発見されるわけではありません
どちらの調査も、契約を交わす前に、必ず聞き取りをします
その際に、調査をしない方がいい。と思われる案件が割とあったりします
浮気調査の場合、浮気をしていると思われる理由が乏しすぎる
盗聴発見の場合、言っていることが、ほぼ妄想の場合がそうである
しかし、端から「調査をしても無駄ですよ」と言う探偵は少ないものです
こんな相談者は、絶対に●●だ。必ず〇〇だ。と意気込んでいますので
調査にかかる金額次第では、ほぼ契約が成立します
こんなケースの時、私は『調査の結果が現実と受け止めましょうね』と
念を押して契約を交わすようにしています
※ちなみに浮気調査は、妄想が激しくても結果が出るときもあります(-_-;)

心の病さんへ向けての【無の証明】は非常に困難です
悪徳業者の継続の勧めには、気を付けてほしいです
結果が出るはずもないのに、費用をバンバン要求してきますのでご注意ください
とはいっても、もう少しで結果が出るはずだと言って、自ら費用を上乗せしてくる
依頼人が結構いることは事実ですが・・・

無なのに、執拗に疑うのは、心の病に間違いありません
どの角度からみても、対象者たちの怪しい行動がないのに
「なぜ、動きがないのでしようか」
「警戒しているのでしょうか」
「探偵さんの動きがバレていませんか」
訳の分からないことをメールで問い詰められ、私のフリータイムまでもを奪われます
【無の証明】をすることは大変ストレスなのですが
当社との縁が切れた後に、他社への無駄な再調査が無いように
無であることを、少しでも理解してもらってから終わりたいのです

配偶者に裏切られるのではないか、このまま失うのではないか
ありもしない妄想をドンドン膨らませて、誤った思いこみを持ってしまう
嫉妬心や不安感がハンパなく抑えられなくなってしまう
そんな症状が強い場合、先に心療内科や精神科へ、ご相談されることをお勧めします

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表