文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 初心にかえる

初心にかえる

2021年11月15日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

数ヶ月前に調査をした人から電話がかかってきました
『アレが無いと言われたけど、やっぱりアルんだよね~・・・』と
盗聴器の発見調査をして、結果が白だった元依頼人の女性からです
こんなコトは、たまにあるコトで、いつも冷静に対応しているのですが
今回の相手は強烈でした
発信機を取り付けた犯人と共謀して調査結果を白にしたと、言い切り
私を犯人呼ばわりしてきました(-_-;)

被害妄想の他者から被害を受けていると訴えるパワーや
事実と異なることを信じるパワーは強烈です
強い確信を持ち、他人から説明されても間違いを訂正できないのです
こんな被害妄想は、うつ病や統合失調症でよく見られますが
認知症でも出現するといわれてます
医学書には【妄想を否定してはいけない】と書いてあります
妄想は「自分の存在が脅かされている」という感覚に苦しめられています
だから、その怖さや苦しみに、焦点をあてて話をするようにしてきました

被害妄想の人には、こんな感じで、対応するように心がけています
「ん~・・・それは困りますよね~」
「わ~大変だ、それは疲れますね~」
「ホッホー、フムフム・・そうですか~」
最大のポイントは【肯定もせず、否定もせず】です
肯定をしてしまうと、更に妄想を強化してしまうので、したらダメです

元依頼人からの底知れぬ犯人扱い攻撃に対して
「敵ではない」と信じてもらうように話をしていましたが
フリーダイヤルでかけてこられ、私の携帯電話に転送され
文句を言われ続けて約1時間
『病院に行って、アタマ調べてもらったらどうですか??』
ついに、私は言ってはいけないフレーズを発してしまいました
帰ってきた言葉は『一回行ったが全く異常ありません・・』
他の病院にも行ってこい。と口に出しそうになりましたが、危なく堪えました
社会人である以上、人間関係や立場を考えて「理性的」に (-_-;)

困っている、悩んでいるクライアントを支えることが
基本中の基本の態度でした
「それは大変だね~、なんとか手伝うから解決しようね」

探偵、初心にかえります

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表