文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八戸市周辺のテイクアウト飲食店情報 R38テイクアウト

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > SNSと個人情報

SNSと個人情報

2021年02月22日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

数日前に「初恋の人に会いたい」と、人探しの電話相談がありました
初恋は、人生に大きな影響を与えた忘れられない思い出の1つですね
こんな学生時代の初恋の人を探したいという相談は結構あります
探す目的はだいたいこんな感じです
■今の姿を見てみたい
■元気で暮らしているかどうか知りたい
■好きだった思いを伝えたい
■当時の思い出話をしてみたい
電話の相談者は「連絡を絶やすべきではなかった」
「このままだと死んでも死にきれない」と後悔していましたが
結婚して苗字が変わっていると思われること
その他の情報が無さ過ぎたことから、人探し調査はお断りしました(-_-;)

思い出の人を探したい
初恋の人を探したい
お世話になった恩師や先輩を探したい
旅先で出会った人を探したい
【あの人を探したい】となれば、まず最初に思い浮かべるのはSNSですね
名前や住まいや出身校などの条件を絞り込んで検索して
うまくいけばSNSであの人を探し出すことができるかもしれません
電話の相談者もSNSで検索したようですが、かすりもしなかったようです

SNSの種類を全世界でのユーザー数の多い順位で並べると
1・交流系日記型のFacebookは、27億4000万人
2・動画投稿型のYouTubeは、20億人
3・写真投稿型のInstagramは、10億人
4・交流系拡散型のTwitterは、3億3,000万人
5・メッセージチャット型のLINEは、1億6,700万人とありました
これを見るだけで、時代が変わったんだな~と、つくづく思う
※上記資料は下記のアドレスから抜粋させていただきました
https://growthseed.jp/experts/sns/number-of-users/

探偵は人探し調査の依頼を受けたときもそうですが
浮気調査をした際に、浮気相手の素性などを本格的に調べる前に
先ずは、パソコンの前に座りこみ、黙々とSNSで検索するはずです
その理由として、時間や費用をかけなくても
個人情報がペロリと出てくる場合があるからです

探偵目線からも、特に写真や動画の投稿は注意が必要です
SNSの投稿写真から個人情報が特定されてしまう恐れがあるからです
探偵である私は、二階の部屋から雨上がりに虹がかかった投稿写真と
それまでの投稿内容と照らし合わせて、住所を特定したことがあります
また、アパートの玄関先で、野良猫にエサを与えている投稿写真から
アパートの部屋番号と人物像を特定したこともあります
SNSをこんな形で利用しているのかと、ゾッとするだろうが
探偵は個人情報を悪用することはありませんのでご安心ください

近年の犯罪の話になりますが
狙いやすそうな自宅を、わざわざ現地まで足を運ぶこともなく
Googleのストリートビューで確認して、自宅周辺の状況を確認する
また、狙った人のFacebookやTwitterのSNSのアカウントを見て
「その日は留守である」という情報を把握して空き巣の犯行に及ぶらしい

SNSは「コミケを楽しめる」「情報収集が容易」という
メリットがある一方で、何かしらのトラブルに遭うことがあります
SNSはおっぴろげに利用すると、プライバシーの侵害や
性犯罪者に目を付けられたり、なりすまし犯罪や
デジタルストーキングの被害に遭う可能性もありますのでご注意ください

P・S『鍵の写真を送るだけで合鍵が作れるサービスがあるので
鍵の写真はSNSで投稿しないようにしましょう』とネットにありましたが
本当だとしたら、とんでもない時代が来たものですね・・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表