文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > GPSのリスク

GPSのリスク

2021年01月04日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

新年あけまして、おめでとうございます(^▽^)/

新年早々、雪かき中に調査依頼の電話が鳴りました
依頼人がGPSをレンタルして配偶者の車に取り付けて行動をチェック
浮気を確信してからの浮気調査のご依頼です
依頼者の3割近くは、依頼前にGPSを利用していて、かなり身近になりました
探偵を始めたころは、こんな便利なものはありませんでした
GPSのおかげで、調査依頼したら白、数十万円の調査料金を損してしまった
ということはなくなるわけです
しかし、調査料金がその分、安くなるとは、限りませんので悪しからず

数年前の話ですが、ある男性から電話がかかってきました
『●さんと■さんは、社内でw不倫をしてますよ』という内容の
密告の手紙が会社に送られてきたそうです
内容は食事をした場所や時間、ラブホテルの名前と出入りの時間が
記載されていたが、写真などは添付されていなかった
手紙を送りつけた、犯人探しは出来るものですか?という相談だった

犯人の心当たりはありますか?と尋ねると
妻が一番怪しくて、次に不倫相手の旦那さんだと思います。と答えた
私も探偵ですが、探偵に依頼した可能性はありますか?と尋ねると
探偵に依頼していないと思うから、探偵さんに電話をしたのです
手紙の消印は、ラブホテルに行っていた日時なんですよ
探偵に依頼してたら、タイムラグがありますよね
あと、出入りの時間は合ってますが、ラブホテルの名前が間違うのです

ピンときた私は
先ずは、黒くて四角い物が、車内とか車の底に付いていないか確認してください
と言って電話を切りました
10分後、ビンゴの知らせがありました
仕事が終わってから、事務所にお伺いしてもいいですか?といわれたが
罠を仕掛けようとして■■の駐車場で待ち合わせをしました
相談者にも、私の車両の後部座席に乗ってもらいました
ビニール袋に入れて持ってきた、黒くて四角いものは明らかにGPSでした

相談者と後部座席でしばらく話をしていると
不審車両が、二度も私たちの前を行ったり来たり
つまり、相談者の車の後を行ったり来たりしていたのです
私はとっさに、罠にかかった犯人だと確信しました
不審車両の映像は、私のドライブレコーダーにすっかり収まっていました
相談者にはGPSをこのまま■■に持っていくことを勧めました

不審車両は、不倫相手の夫が勤める会社のものでした(-_-;)
不倫をやめさせようとGPSを取り付けて行動を探っていたのでしよう
ラブホテルの名前の間違いは、GPSの測位のズレだったと思われます
探偵を利用してたら、入庫確認をするだろうと思いました
素人は素人、ラブホのカーテン付きの車庫の部屋探しはコワイものです

不倫相手の夫は、なかなかにやってくれました(-_-;)
相談者の会社にはw不倫がバレるし、相談者の妻にも子供にもバレました
会社はクビになるところでしたが、条件付きでとどまることに
不倫相手の女性は会社を退職しました
そしてGPSを付けるような夫とは一緒にいられないと離婚もしました
相談者は不倫相手の夫に、慰謝料を要求されたのですが
器物損壊と名誉棄損で応戦しました
幸いだったのが、GPS情報ばかりで、映像は一つもなかったことです
つまり決定的な証拠がなく、慰謝料はとられませんでした
その後もいろいろあり、どちらの家族もメチャクチャになりました

第三者には、どんな事情があれど、GPSを付けるという行為が違法であり
たくさんの、リスクを抱えることになります
間違えれば逮捕される可能性もありました
「違法だと知らなかった」では済まされません
探偵の真似事は注意が必要です。てか、やらないでください
「GPSを使ってはいけません」という法律はありませんが
バレた場合のことを考えて行動しましよう

今年も調査のことなら一般社団法人東北調査業協会の会員にお任せください
https://tohoku-kyoukai.jimdofree.com/

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表