文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 客観力

客観力

2018年12月10日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

依頼人は●務●で、容姿も良く真面目そうな男性だった
悪く言えば、カチンコチンな考えの持ち主でした(-_-;)
調査依頼は、交際して5カ月の彼女の行動調査です
日増しに、彼女の不審点がどんどん浮上してくるそうだ

彼女に対する不審点はザッとこんな感じだった

■彼女のアパートを訪ねた際に見知らぬ男性が
出口から出てきたように見えたので絶対に男がいるはず

■アルコールを、ほとんど飲まない彼女なのだが
冷蔵庫脇にある焼酎が、少しずつ減っているから絶対に男がいるはず

■22時~23時まで、メールの返信が遅かったり、無かったり
彼女は「お風呂に入る時間」というが
男が部屋に来るタイミングに違いない

こんな理由で大金をかけて依頼するのか??
望む結果が出ずに依頼したことを後悔するパターン
と、探偵は知っています

いざ、調査をしますと、こんな感じでした
■私が彼女の帰宅した時間を、18時15分と伝えると
「帰ってきたよ」と彼女から連絡が来たのは18時30分だったから
「男がいるのは間違いないな!!」と断定する始末
調査上、男の気配さえこちらから報告していないのに
この性格、すごくないですか(-_-;)
その後、調査をしても、追加しても、結果は白
彼女の行動は灰色に染まりかけようともしなかったのに
なんでもかんでも黒に近づけようとする言動に対して
イラッとしちゃって
思い切って「そんな自分に疲れませんか」と問うてみた

そしたら速攻返事が返ってきまして
「もう、大丈夫です」と調査の打ち切りを告げられた
報告書は要らないといわれ、後味の悪い終わり方をしたっけな~
依頼人は、自分に絶対的自信があるから
私の話なんて、真に受けないだろう
と、性格を知り、仕方ない。と、受け流すしかなかった
【どうか、客観視できるようになって、間違いに気づいてくれ】

で、調査歴22年
思い込みでの最近の大失敗を笑ってください

浮気調査の際に夫の車両を尾行すると
とあるアパートの前で、女性を乗せてラブホテルへ直行した
その時、アパートの駐車場には、車両が3台しかなかった
容姿も良く美人さんの運転しているのは高級車と判断してまった
残るは軽自動車と古いコンパクトカー
高級車が停めていたスペースには部屋番までついていたから
スビート解決だぜ♪♪と
有頂天になりながら調査を続けていた

最終ラウンド、部屋から出てくる映像を待ち構えていたら
別人が出てきたのですたい(-_-;)
結果、美人女性は年式の古~い、サビついたお車を使用していた

私は、絶対的な自信を持っていた
調査員のチョットした話を真に受けなかった
客観視できない自分に情けなさを感じた
バカだったな~
慌てて失敗しないようにするには
客観力、大事っすね(*^^)v

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表