文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 桜の木の下で

桜の木の下で

2016年04月25日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

60代妻から、夫60代の浮気調査の依頼があった

浮気相手の女性は見当がついていた
女性の夫は、トラックの運転手で家を空けることが多かった
婦人会の集まりで知り合い、自宅に遊びに来るようになった
50歳、体型はゴロン、どちらかというとブスな方だとか

数回目の自宅での酒盛りで、妻はお酒を飲まないのだが
睡魔が襲ってきた
仮眠をとろうと思い2人を残して、二階に上がった
約1時間後、居間へ降りていくと、2人が抱き合っていたのを
瞬時にみてしまったが、グッと堪えたという

案の定、この日から夫の行動が怪しくなった
勤務後は真っ直ぐ帰宅してて18時くらいだったのが
「最近、疲れがとれなくてよー」といいはじめ
週2回ほど、温泉に行くといって帰宅が20時前後になった
遅く帰宅すると、少し髪が濡れてて、いい香りがする

帰宅の遅い日に温泉に見に行くと、確かに夫の車がある
相手の女性宅はシャッター付きなので車があるかどうか判らないが
ただ、自宅の電気が点いていない
きっとホテルに行っているはず。と妻は読んでいた
女性を不倫相手のターゲットとして調査開始した

風呂道具を持って会社に出掛けたとの連絡あり
温泉の駐車場で張り込みをすると18時に夫の車両が到着した
私もホテルに行くだろうと確信していた
5分後、「ほらほら、来たぞー」女性の車両も到着
一緒に温泉内へ、そして男女別々の暖簾をくぐった
確信は大ハズレだった(汗)

温泉から1時間後ピッタリに2人が出てきた
2人は女性の車両に乗り込みブーン・・尾行をすると
たどり着いたのは静かで真っ暗な山中の桜の木の下だった
私は離れた場所に車両を停め
赤外線カメラを持参し、徒歩で車両に近づくと会話が聞こえてきた
後からの話では、ここは対象者の畑だった

会話の後、車体が揺れたのは約10分間
赤外線カメラでエッチ最中の動画映像をゲット
二人の姿のほかに桜の花びらが舞う様子が映っていた

妻はこの映像を見ながら、35年間無駄だった
愛情はとっくに無いから怒りが全くこみ上げてこない
証拠が撮れてホッとしている
これから先は、孫が生きがいです。と話した

モラハラとの決別を決意した

頑固親父・・サクラチル
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表