文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 最後の手段

最後の手段

2015年10月13日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
記事の内容は実際の出来事に脚色しております。

実際の内容から変更しております。

いま夫の浮気調査をしております
しかし、やっても、やっても、女の影はありません
依頼人の妻は、遠方で、夫が社宅に単身赴任中です

依頼時は、浮気の確信がアル内容を話していたので
調査も簡単に済むと予測して低料金で設定しました(汗)

毎日、夜中に本日の結果報告を要求してきます(眠)
報告に納得しないのか、わかりましたと、返事をしてくれず
妄想劇場がはじまります。妄想劇場がありえない方向に向かうと
現実主義の探偵は話についていけなくなります(疲)

「調査のタイミングが悪かったのかしら・・」と
延長調査を申しだされましたが優良探偵(東北調査業協会会員)は
きっちりと、事実を伝え調査を終着へとむかわせます
妄想依頼はヒットするはずがなく、詐欺になっちゃいます
残念なことに、依頼時は、なかなか、気が付きません

過去に、浮気事件を起こした配偶者を、おもちの方に多く見られます
一度浮気された場合、信用性がなくなるのは、当たり前のことです
妄想癖は、浮気された後の、対処法に原因があるとおもいます
無理やり【フタ】をする。【見逃す】をしてしまうと厄介になります
頭では整理できていても、心がついていかないという状態に陥ります
シコリが残ったまま、自分が自分ではなくなるコトの始まりです
浮気されたことに、フタにフタをしても
そのフタは、ちょっとしたことで、外れてしまいます
そして、解決せずに、詰め込んだものが、噴き出してしまいます
この時に迷い込んでしまう場所が、妄想と思い込みで形成されている世界です

この別世界に入り込まないために【フタ】と【見逃し】は絶対にせず
徹底して【事実確認】をすることです
もちろん、聞きたくなかった事も知ってしまうけれど
知ることで、思い込みや妄想が払拭され信頼が保たれます
何でも聞いて【話し込む会話】が大事だと思います

・・・やんわりと、妄想の気配を伝え
延長を断り、調査を終了させました
すると
「他の探偵に頼んで必ず証拠を掴んでやるわ」といわれチャンチャン
数年ぶりの、いやな結末でした・・
妄想依頼人は「証拠を突き出して全てを認めさせる」とも言ってましたが
証拠は恨みを晴らすものではありません

証拠は【最後の手段】として、依頼してください

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表