文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 一発

一発

2015年03月16日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

不貞行為の証拠の代表的なものとしては
ラブホテルへの出入りの証拠写真です
これらの調査は探偵にしたらお手の物である
しかし「カラオケしていただけ」「相談ごとしてただけ」
「なんもしていない」だの悔しい言い訳する奴らがいるので
数回の証拠を望む依頼人、探偵は多いです

じゃ、【お手の物】ではないのは?と聞かれたら
ほとんどの探偵は車内の証拠撮りと答えるだろう
しかも、暗闇ときたら最悪である
更に田んぼの真ん中や岸壁、河川敷で周りに何もなく
天候が雨や雪ときたら超最悪だ
今回の依頼も
「妻も男も金ないから、車しかないでしょ!」と言いきった
それならば、いい証拠を撮ろうと燃えるのが探偵だが
腕の無い探偵は難易度が高いので高額になりますよ。と
断り文句を言ってきたり、ラブホに行くまで調査しましょう
と(高額になる)と言うはずである
でも、車中派は、滅多にラブホなんて利用しません
ヒドイ探偵は、強行手段を勧めてきます
車両に接近しフラッシュを当ててパシャパシャして逃げます
これは、人権問題も絡んできますのでお勧めできません
勇気があれば素人数人でも出来ますが
法的トラブルにもなるのでやめたほうが無難です 

依頼者の予想通り、決戦は馬●川でした
車中の二人にとっては、フィルムと外の暗さで
安心しきっているのだろうけど
探偵にとっては照度の感覚が違いますぞ!!
と、いっても目がいいわけじゃありません(笑)
「これでも映せる・・・」と直感が働くのです
機材も大事だが距離、方向、角度、高低差
なんといっても長年の現場経験の感覚です
不可視(人の目に見えない)の赤外線投光器(ライト)で
照らすことが必要になってきますが
一般の方が想像してるように何百メートルも飛びません

こうなれば接近戦です。距離を詰めるしかありません
ヤッテイル場所が前席なのか後部座席なのか
車内が映りやすい角度、距離から撮影できないかと
必死になって匍匐前進するわけです
収縮自在の一本脚にレンズ、投光器、録画機、携帯バッテリーと
両手がいっぱいになります
ひじと足を使いながら、中年っばらで腹ばいで進みます
疲れた時にはあごも使います
凹凸があれば芋虫のように進みます←想像できます?(笑)
ガッツリ光りますから、撮影中録画画面は見れません
撮れているかどうかはレンズを向ける手の感覚しかありません
棒に付いたレンズがピローーーんと映像を捉えます
潜水艦をイメージしてください

撮れたかどうかは後からの楽しみというよりドキドキです
寒いし汚いし、なにより翌日は腰痛になります(辛)
二度とこんな調査はしたくありませんのでがんばります
しっかり撮れたかは神に願います・・・・パソコンオン
・・(喜)今回もいい映像が撮れました
ザラツキノある昭和の白黒テレビ映像と思ってください
リアルなカラミ、言い逃れできない、一発映像!!は
ホテルの出入りの数十倍の価値ある映像なのであります
大苦戦した分だけ快感です
さまざまな浮気現場を見てきた探偵にとって
やりがいのある現場とは、肉眼では認識できない暗闇での
アレを暗視カメラで捉えた現場ではないでしょうか

飲み屋の女の子から、こんな話を聞いたことがあります
アレさ、人に見られるかも知れない
という緊張感と興奮度がいいよねー
エッチする場所じゃない所でするのは妙に感じるぅー
ある意味さ、新幹線の中で周りにチラ見されながら
駅弁食べたら結構うまい感覚に近いものかもぉーー
のんきだねー
そのうちターゲットになるぞと心の中で思った(汗)
この子のように趣味や性格もありますが
お金の自由に使えない浮気夫(妻)をお持ちの方は
どっちかの車の中で不倫していることを想定に入れてください
車中不倫は結構多いですよ

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表