文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 肉体関係はご法度で

肉体関係はご法度で

2018年12月16日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

平成26年
銀座のクラブのママが男性客と約7年間にわたり不倫していたとして
男性客の妻がママに対して、400万円の損害賠償を求めていた裁判で
東京地裁が【枕営業は、不法行為ではない】として妻の訴えを退けた
という報道がありました

ちなみに【枕営業】とは、顧客を繋ぎ止めるために
肉体関係をもつ営業手法のことをいいます
この判決からすると
【枕営業は夫婦生活の平和を害しない】というコトになる

ママを敗訴させるには
【枕営業ではないことの証明】をしなきゃならなかったということ
たとえば「愛しているぜ、愛してるわ」
「いつかは結婚しよう」というメールのやりとりや
記念日を一緒に祝っている写真やプライベートな写真があったり
半同棲でもしていれば別の判決が出ていたのかもしれません

この判決があった頃に、浮気調査をしたことを覚えています
夫とLOVEホテルに行った女性の素行調査の結果が
スナック勤めのチーママと判明したからです
スナックで働く女性にしたら、客を呼んでナンボの世界
並客10人より、上得意が1人いればいい
上客に、会いたいな~と思わせる言動はザラに使うだろうし
好きでもないのに、大好き~♪愛してる♪なんて言葉は朝飯前
幸せな家庭を壊してしまうほど強敵な職業かもしれません(-_-;)

中間報告に、依頼人の妻とこんな話をしました
お金を気前よく払って飲んでくれる客は絶好の「カモ」です
奥さんから見て不倫だとか浮気だとか思える状態であっても
軽くあしらわれているだけだったり
旦那さんが勘違いしているというケースも多くあります
だとすれば、チーママは、まったくその気がないわけですから
次第にトーンダウンしていく可能性もありますから
離婚を考えていないのなら少し様子を見るのも
一つの方法かもしれません(^▽^)/と言うと

チーママの姿顔を●ミューズを見て知ってから
二人のセックスを想像してしまい、夜も眠れなくなった
夫からも、相手の女からも、慰謝料をとってやる!!
次回ホテルに行ったら、ぐうの音も出ないように、乗り込んでやる!!
と、すごい剣幕だったのを覚えています
結局、Lホに行くまで精神が持たず、話し合いをして、元さやへ

日本では、配偶者が浮気をした場合
浮気相手も責任を負うことになるケースがある
しかし、日本の浮気相手を訴えるという考え方は特別??で
イギリス、ドイツでは浮気相手への慰謝料の請求はできない
フランス、アメリカでも原則的に慰謝料請求は認められていない

配偶者からしたら他の人との肉体関係は、精神的暴力だ
やらかした本人が原因であり、責任のある加害者である
相手は、そのための道具であり
そこにいただけの協力者という考えが強いらしい
浮気に対する考えもグローバルスタンダードしていくのかな(-_-;)

いや、日本は日本の文化があります
癒しと女の理想は人さまから頂いても、肉体関係はご法度です

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表