文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 別居の意味

別居の意味

2018年10月01日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

夫の浮気調査の相談を受けた
娘からの情報で、最近、夫が女と食事をしていることを知らされた
週末に女と会うかもしれないと思った相談者は
一日調査の依頼を望んできた

『19時くらいから尾行をすれば
女と食事をした後にホテルに行くと思う
それらの証拠がほしいのですが、料金はいくらかかるものですか』
と、聞かれたので、大体の行動パターンは??と聞き返すと

『自宅に帰宅した後、タクシーで街中に向かうと思う』
別居して一年半以上、妻はこのくらいの予測しかできなかった
男の同僚と二人っきりで食事をしたのがバレて
そうゆう関係じゃないのに、夫が許してくれずに実家暮らしをしている

夫婦には貞操義務があるが、それは夫婦仲良しの時の話である
別居してそろそろ2年が経つということは
夫婦関係が破綻していませんか??と尋ねると
別居後、一度も会っておらず、数回、LINEで連絡しただけだという
《内心、終わってる(-_-;)》

そこそこ通常の夫婦であれば、他の異性と性的関係を持つことは
不貞行為に当たるけど、すでに婚姻関係が破綻しているときは
不貞行為にあたりません
これらの言葉にカチンときたのか
『でも、籍がはいってますから』と強い口調で言ってきた
《内心、籍がはいってるだげだべな(-_-;)》

ホテルに行った証拠が撮れたとします
夫の不貞行為を理由に慰謝料請求をしたとします
夫は、夫婦関係が、とっくに終わっていたことを理由として
慰謝料の支払いなんて拒むにきまってます
《内心、二年も独り身だったら、女くらいでぎるべさ(-_-;)》

破綻後は不貞行為にならない
婚姻関係が破綻した以降の男女の関係は、法律上で保護される
不法行為の成立が認められないことになります
婚姻関係が破綻する前からの女だったらね・・・

夫婦には、同居して互いに助け合いながら
共同生活をおくる義務が法律上でもあります
夫婦の婚姻関係が破綻しているか否かを
外観上から判断できる要素の一つとして【別居の事実】があります

何らかの理由でやむを得ない別居は例外だけど
夫婦仲が悪くなって別居を選択することは
婚姻が破綻したものと見られる恐れが強くあります

一時的な別居であれば、修復する見込みもありますが
今回の相談者のように、別居が当たり前のようになると
婚姻の破綻が認められやすくなります

さらに、別居期間が相当の長期に及んでいると
たとえ夫婦のどちらか一方側に離婚原因がなくとも
別居の事実などから婚姻の破綻より裁判での
離婚請求が認められることにもなります

なんぼケンカをしても
暴力を受けない限り、プチ家出も別居もしないコト
頻繁にケンカが起きるようになっても
夫婦の関係が悪くなっても
【本気で離婚をする意思がないの】であれば
別居することは避けることが賢明です(-_-;)

本当は寂しくて、1人で飲んでいるかもです
もう一度、誠意をみせて謝罪すれば、許してくれるかもしれませんよ

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表