文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 未練

未練

2018年09月25日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

『終わると、他人と思うのが女
終わっても、俺のモノと思い続けるのが男』
『上書き保存をして忘れるのが女
名前を付けて保存、忘れられずにいるのが男』
こんな未練調査の依頼を受けた

2年間付き合った彼女と別れた
別れて半年以上が経つ
別れた原因は自分にあるという
何度か結婚を迫られたが
先延ばしにしているうちに終わりを告げられた
先延ばしの理由は自分に自信がなかったから
と、依頼人は話していたが、本当はどうなんだか(-_-;)

スマホに入っていた元彼女の写真を見せてくれた
『別れたのが、もったいないよ』と思うほど
美人さんだし、お似合いのカップルだった
【自分の負の決断で彼女を失ってしまう】
この喪失感は、経験した人しか味わえないもの
特に男は情を抱き続けるので未練が残ってしまう

元彼女の実家の前を通るのが、元々の帰宅ルート
少しゆっくり走ると彼女の車も、部屋の灯りも見えたのに
数ヶ月前から、見えなくなった
気になって仕方がなくなったのであろう
朝一番で見に行っても、夜遅くに見に行っても結果は同じ
半年ぶりにラインをするが、既読されたが返事なし
夜も眠れなくなってしまい、当社へ電話をしてきた

調査の目的は『元彼女をきっぱりと忘れるため』
寝床調査と彼氏がいるかどうかの調査をしてほしいと相談された。が
2007年「探偵業務の適正化に関する法律」が施行されてから
犯罪にかかわる内容の調査は受けたらダメ
探偵も罰則を食らうことになったので受ける方も慎重です(-_-;)
現在、ストーカー事案に関わっていないことの審査
今後、ストーカーにならないことの誓約書の取り交わし
寝床住所は必要としないことに理解を示してくれたので
依頼を受けることにした

元彼女の勤め先は、オープンで
いつでも、依頼人でも会うことのできる接客業だった
女性調査員に様子を見に行かせると
決定的な場所に指輪をはめていたとのこと
勤務終了後に元彼女を尾行
たどり着いた先は、一人暮らしのサイズではないアパートの前
彼氏と思われる車両の隣に止めて部屋に入っていった
依頼人、万事休す(-_-;)

報告は、誓約書通り
現地を絶対に悟られないようにモザイク写真を添付した
報告書をみせると依頼人は不満そうな顔をして
男の顔と勤務先を知りたいと言い始めた(知ってどやすのよ・・)
契約書通りなので。と、厳格にお断りしました
『きっぱりと忘れるための材料が
たくさんあったんですから前に進みましょ。』と補足

不思議ですね
男がデキタかもとか
結婚するカモしれないことが
聞こえてきたときに
別れたことをマスマス後悔しはじめて
復縁したいと考える男性が多い

まさか、自分で尾行
ストーカー化したりしないよな(-_-;)
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表