文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 不倫の代償

不倫の代償

2018年08月20日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

依頼人は3○歳のハケンの独身女性
対象者は5●歳、妻と子供を持つ単身赴任のサラリーマン
依頼人は対象者のことをタンサラと呼んでいた

依頼人は、仕事が終わると徒歩でアパートまで帰宅していた
毎週金曜日は、一回り以上も年上のタンサラと帰宅が一緒になる日
タンサラは妻子の住む自宅に帰るため
定時で仕事を終えるからである
会社が準備したアパートではなく
依頼人がA棟に住んでいて、タンサラはB棟に2年前に引っ越してきた

毎日仕事に追われてばかりいた
タンサラに引っ越してきて間もなく食事に誘われた
彼氏と別れたばっかりだったし、親みたいで安心してたのか
即、オッケー☆⌒d(´∀`)ノした
タンサラは妻に対する不満をかなり漏らしていた
セックスレスであること、妻とはうまくいっていないので
離婚を考えていることも言ってきた
毎週自宅に帰っているのだから、嘘だろう
ストレスをたくさん抱えているだけだろう。そう、思っていた

だんだんと、食事に誘われる回数が増えてきた
誘われることを期待するようになっていた自分もいた
いつも食事に誘ってくれてお礼のつもりで
ベタだけど特性のカレーライスを作って
私の部屋で食べることになり
お酒が入り・・・・まさかの不倫が始まった

娘みたいな私なのに、妻と別れて一緒になりたいと何度も言われた
正直嬉しかったし、本気になっていった
週末以外、タンサラは部屋の電気をわざと点けっぱなしにして
ほとんど、私の部屋で過ごしてて同棲状態だった
途中からもう一人、会社の人が住み始めて
その人の目を盗むのが大変、でもわくわく楽しかった(笑)

こんな生活が2年続いた頃、タンサラから別れを告げられた
『妻が探偵に依頼して、バレたから別れてくれ。
今、別れれば、妻はお前のコトを見逃してくれるから。』と音信不通
その後すぐに、自宅地区に転勤辞令がでたので、妻の仕業かと思っている

本当に悔しいし許せない
妻とは上手くいっていないと言って誘ってきたから
付き合ったのに、タンサラを訴えて慰謝料をとることはできますか??

ん~。不倫とわかってましたから、厳しいかと(-_-;)

あと、子供の学費がどうのこうので、百万近いお金も貸してます
途中から書かなくなったけど、初めのころは
タンサラの方から借用書を書いていたんです
合計70万円分の借用書はしっかりとあります

はい。これは返してもらえるでしょ(^▽^)/

『不倫の代償がこんなに大きいとは思わなかった』
と話すハケジョからの調査依頼は
妻が本当に探偵に依頼したのかどうか。。でしたが
無理な調査なので、内容証明付きの郵便を送るための
タンサラさんの自宅調査ということになりました

妻と別れて一緒になりたい。と、何度も言った人が
妻にバレたから別れてくれと簡単に言うくらいだから
ただの遊び。だったのだろう(-_-;)
だとしたら、タンサラさん、社会はそう甘くはありません
不倫をしてしまったことで、あなたも代償を食らうはずです
会社を退職に追い込まれたり・・
いや~な事態が起きようとしています

ひと昔前までは
「浮気のひとつもできない男に、デカイ仕事はできない」
などと言われてましたが
「男は浮気をしてもいい」とは別の話

「おなご遊びは芸の肥やし」と言われていた芸能界ですら
今は不倫によってガシっと制裁を受けてしまう時代です

軽い気持ちで不倫関係を持つと大やけどを負う
どころか、身の破滅にだってなりかねません(-_-;)

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表