文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 浮気パズルが完成したとき

浮気パズルが完成したとき

2018年06月09日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

人間はいつ死ぬのか、なんてわからない
余命があと●●と予測できる場合もあるだろうが
それも目安にしかすぎません
死は突然やってくるコトもあります
もしも、亡くなった配偶者の遺品を整理しているときに
見知らぬ異性と一緒の写真がたくさん出てきたら
あなたならどうしますか・・・

50歳代後半の女性が来社しました
SDカードをテーブルの上に置き
50枚ほどプリントアウトした写真を差し出しました

夫がどんな気持ちで、浮気をしていたのか
なぜこれらの写真を消し去ってくれなかったのか
夫が余命を伝えられてから
処分する余裕はあったはずでした
写真があることを忘れていたのか
捨てられなかったのか
まだ生きてやろうと思っていたのか
考えても考えてもわかりません
遺影は、がんで痩せる前の程よい写真を選んだのに
女性と映っている夫の満面の笑顔を見ると
とても哀しく、無性に腹も立ってきます

謎解きを進めていくうちに
浮気のパズルが徐々に完成に近づくと
今までの生活が全否定された感じでした
夫はとてもやさしくて、自分では、おしどり夫婦だと思ってた
こんな写真なんて、残さず逝ってほしかった

写真の日時、撮影場所を総合すると
●年間、騙されていたことになります
出張はすべて嘘でした
写真のほとんどが観光地で2泊以上の滞在
キスをしたり、腕を組んだり、抱き合ったり
恋人のような写真がゴロゴロ山ほどありますが
女性の正体がわからないのです
ただ、怪しい年賀状と名刺があります
女のカンですが、間違いないと思います
住所地(キタ)に行って写真と照らし合わせてほしいのです
訴えようなんて、思っていないけど
このままでは・・・と思っています


数年前、亡くなった人のお墓の場所を調べてほしい と、
逆の立場の愛人さんの依頼を受けたことがあります
その人は、自分の立場を嘆いていました
お見舞いにもいけなかった
世話もできなかった
詳しい病状も聞けなかった
葬儀に参列できなかった
墓地も教えてもらえていない
やはり妻である事の立場は強いのだと感じた
わかってたけど、結局、彼は私を選ばなかった
恋人同士のように振る舞ってくれたけど
現実はこうです
やはり不倫相手は虚しいものだな~と、話してました

キタに調査委託をして判明したこと
女性は中学時代の同級生でシングルマザーでした

さぁ、この女性をどう成敗するのかな(-_-;)
人を恨む気持ちや怒りの気持ちは、自分を苦しめる
忘れて、捨てて、許す生き方もありだよ
生きている人間が改めて
不愉快な思いをすることはないとおらは思うが・・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表