文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 精神疾患患者の激増

精神疾患患者の激増

2018年05月01日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

アル警備会社に問い合わせをしたら
ココがいいと言われ、電話をくれたそうです

相談内容は嫌がらせ問題でした
靴がグサグサ刺されて履けなくなった
タンスに傷をつけられた
洋服に液体を付けられた
こんな被害を受けているから、相談に乗ってほしいと
20分くらいで、来社してくれました
60歳代の身なりの良い、おばあちゃんでした
当社は2階にあり、急な階段もチャクチャク上るし
見た目、健康的で病的な様子はなかった

椅子に腰を掛けるなり、被害の状況を話し始めた
コトが起きるのは、すべてアパートの室内だという
隣に住んでいる同じ年頃の女性が犯人であり
自分の部屋の合鍵を持っていると断言する
ガラケーをいじりはじめ私に差し出した
ピンボケではあるが。女性の姿を3.4枚見せてくれた
「どこから撮ったの(・・?」と聞くと
「台所の窓のスキマがらぇ」と答えた
「お~、プロですね~」と言うと
「オラだって必死だんだ」と自慢気に答えた

「自分が病院とかに2.3時間出かけると被害が起こる
どうやったら、犯人を捕まえられるがね・・」

私は「偽装カメラを室内に仕掛けましょう」といいながら
デジタルウォッチの置き型、写真立て型
テレビのリモコン型をテーブルの上に差し出すと
「こったので映るのがい(・・?」と疑い眼をされたので
その場で撮影したものをパソコンで見せると
助かった、希望が見えてきた
数年も、悩まされ、苦しい思いから解放される
みたいなことを言いながらウルッとしてました

じゃこれを、付けてなんぼだの(・・?
通常は1週間で●万円です。というと
ひえ~・・年金暮らしの私にゃ、無理だじゃといい
2週間で▲万円にしてと、3分の1位に値切ってきました
私の方が、ひえ~(-_-;)でしたが
余計なお金を使ってほしくないしな。と契約完了

隣の女はいつも自分を監視しているらしく
探偵とバレたらいけないので
おばあちゃんの指示通り、電器屋の格好と脚立を持って
翌日、おばあちゃんのアパートに訪ねた

カメラの設置場所を決めるために、小さめの声を出すのですが
それでも、シーシーの連続で
ゼスチャーと筆談でカメラの取り付け終えた
すると被害品を無言のまま、見せはじめました
タンスの傷は、何かをぷっけた後のキズ
靴は結露によるカビ
洋服は時間が経ったシミにしか見えなかった
その他、沢山の被害品をみたが『すべて自然現象』でした

おばあちゃんは、妄想性障害の被害型だとおもいました
「あの人さ、妄想癖が悪いよね~」と言われるような
被害妄想ではなく、精神・神経医学で言われる被害妄想です

よくあるのは近所、直近の人に対する被害妄想です
介護施設などで、一生懸命に介護しているスタッフが
入居者から「乱暴された」「財布を取られた」などと
犯人扱いされるという例を結構、聞きませんか(・・?
理論的に「そんなはずはない」と言っても納得できない病気です
だから、解決は難しいです
先ずは事実関係の把握が重要だから、依頼を受けるのです
取り付けた日から、すでに5回もの電話がきてます
あ~・・あと2週間、私の精神が持つだろうか(-_-;)

うつ病、統合失調症、神経症性障害など
「現代病」といわれる精神疾患患者が激増している
厚労省によると
平成11年の精神疾患患者は170万人
平成26年は392万人
平成23年は320万人だから
ここ3年間で70万人も増えている
八戸市の人口の3倍っす(-_-;)

いい大学に入って一流企業に入社してもうまくいかず
出社拒否やうつ病になったり
統合失調症の娘を母親が首を絞めて殺す事件が起きたり
精神疾患で家庭内暴力をする息子を父親が殺害する事件が起きたり
介護疲れによる事件はメディアで報道されますが
精神疾患患者のまつわる事件は取り上げられることが少ない
なぜかな・・・

今は400万人を超えているでしょ
こりゃー、かなりの社会問題です
どんな解決策が求められているのか
一人一人が考えるべき時代に来ていると思います

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

さくらさ さん

05月02日 10時24分42秒

私の母も同じように近所の人と上手いってません。たまに様子を見に行くと悪口ばっかり言います。しかもあり得ないことを平気で言います。病気なのかどうか判断できないのが怖いです

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表