文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > ドーパミン

ドーパミン

2017年06月19日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

依頼人は60歳前半の女性、対象者はその夫で60歳後半
夫婦で客商売を営んでいた
結婚して4●年。客商売は3●年が経つ

【お前は俺の気持ちを何一つ察してくれなかった】と
夫から思いもよらぬ言葉が
翌日、ハンコをついた離婚届書をテーブルの上に置き
必要最低限の荷物を持って●月に自宅を出て行った
その日の夜から●ヶ月間、店を閉めている

十数年もセックスはなかったけど、ケンカもせず
夫婦関係は上手くいっていた。というが
これはどうかな~・・・と思った
夫の写真をお借りしたが、まだまだ、お若い(*^^)v
精力剤の広告をみると
【60代の悩み、これでギラギラに】とか
【この精力剤は衰えの芯まで届く】とか、たくさんの広告があります
夫は、まだまだ、バリバリだったんじゃないかな~(-_-;)
あと「阿吽(あうん)の呼吸」で意思疎通ができる
なんてのは、昔の話(-_-;)
気持ちを飲み込んだり、飲み込ませたりしちゃダメだとおもう
言葉にして伝えなきゃ、どんな理解者にも伝わらない
むしろ、たまにのケンカのほうが大事だと思う

2回目の調停が終わり、離婚話は平行線のまま
調停員から、夫に浮気相手の女性がいると言うなら
証拠を持ってきた方が話が早いですよ。と言われて調査依頼を決意した

夫は兄夫婦が暮らしている実家に帰ったと話しているが
夫の車は、ほとんどみかけない
ずっと前から、夫と随分と親しくしてて、怪しいと思っていた
店の常連客女性とアパートでも借りて、こっそりと、暮らしているはず
と、先ずは夫の居場所を突き止める調査依頼を受けた

調査は簡単だった(*^^)v
夫は銭湯が大好きで、行く時間が決まっているというので
銭湯に行ってみると、夫の車両が停まっていた
1時間後、銭湯の出口から出てきたのは、夫だけではなかった
肩を寄せ合いながら、60歳代の女性と一緒に出てきた
警戒をしているのだろうか、各々の車両で、銭湯に来ていた
二人の帰宅先は、夫が出ていく1ヶ月前に借りていたアパートだった
夫の車両を隠すように対象女性がバックで縦列駐車すると
恋心を失っていない
ルンルンニコニコな二人がアパートに入っていった

翌日、この状況を依頼人に電話で伝えると
「この歳になって・・・くそおやじ」と本音がこぼれる
確かに、この歳になって(-_-;)なんですが
世の中が男と女で成り立っている限り、歳を重ねても恋愛は有り得るのです

男女関係なく、性や異性を意識することはボケ防止に効果的である
高齢期に至って激しくエロスを再燃焼させることがあるという
エロスが仕事や夫婦間などのある事情で圧殺され
不満足のまま高齢期まで持ち越されると、突然再燃するとか(-_-;)
そして、嫉妬深くもなるらしい
マグマ噴火のようだ

恋心がなくなると大損です
恋をすると、脳は「ドーパミン」別名「快楽ホルモン」が大分泌されて
楽しい、嬉しい、イコール欲求が高まります
男であれば、より男性的であろうと運動して体力や筋肉をつけたり
女であればヘアスタイルやファッションに気を使って
より女性的であろうとするもの
恋心って素晴らしいことだと思います

被害者である、浮気された方が、来社され、依頼をしていきます
若い頃の私は、浮気は絶対に「した方が悪い」と思ってましたが
「された方も悪い」と
浮気をしてしまった人の肩を持つこと(今回)もたまにあります
でも、浅はかな不倫は周りに迷惑がかかります

新しいことに挑戦、目標を立てて自分にご褒美を与える
趣味を持つ
運動をする
たまには贅沢に美味しいもを食べる
映画鑑賞をして感動する
たまには、カラオケでジャンジャン歌う

不倫ではなくこんな方法でドーパミンを分泌させ
元気になりましよ~(*^^)v

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表