文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > ●●たるもの

●●たるもの

2017年04月03日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

【火の無いところに煙は立たぬ】
うわさが立つからには
なんらかの根拠があるはず。という意味です

妻が独身男性と浮気をしているという
うわさ話が依頼人の耳に入ってきた
妻の携帯を覗いたことがある。と言っていたので
少しは確信があったのであろう
依頼人は、根拠調べのため、対象者(メインで調べる相手)を
妻とうわさの男のダブル(料金高)で調査を依頼してきた

いざ、調査が始まると妻の動きが鈍かった(-_-;)
依頼人に状況を話すと
「うわさは妻も知ってるから警戒している」とのこと
依頼時に聞いていなかった話・・
これじゃー、動かないでしょ(-_-;)

調査4日目に、うわさの男の方が動き出した
とある駐車場で車両を並べて1時間ほど密談
うわさの男の助手席から降りてきた女性を尾行して
正体を突き止めると、これまた既婚女性だった
週末には、各々の車両で、ビジホに集合
既婚女性はシングルルームを手配していたが
たぶらかし男はツインルームを手配していた
頃合いをみて、たぶらかし男の部屋で合体

妻とは接触がなかったのに、笑顔で報告書を受け取ると
「コレで、妻との不貞を白状するだろう」と言った
依頼人が、しよーとしていることが即座に分かったので
「法外なことは、しないよーに」と伝え調査を終えた

登場人物の職業は全員●▲です( ̄ロ ̄lll)

「●▲たるもの5者たれ」と有名な格言があります
●▲は学者・役者・易者・芸者・医者でなければならない
という意味です
学者・・・豊富な知識があること
役者・・・クラスを良好に構築する力があること
易者・・・情報分析して進路指導が的確にできること
芸者・・・生徒たちをやる気にさせる力があること
医者・・・精神面・体力面のフォローができること

昔も今も、5者たれな●▲は、いないとおもいますが
●▲たるもの、悪いうわさが立たないよう
軽はずみな行動をしないで、注意する必要があるのは確かです

失火のような自業自得もあれば
放火のような言いがかりもあるので
私は、出火の原因は軽々しく判断しないようにしています

煙は依頼人の妻を含め3本も立っていたらしく
どのようにして
たぶらかし男を成敗してくれるのか楽しみである

たぶらかすのも悪いが
たぶらかされる方は、心に隙がありってこと

その他の、たるものの皆さんも
煙の主人公になりませんよーーに(*^^)v
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて20年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表