文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > くろひと

くろひと

2017年02月18日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

旦那、家に帰ってこなくなってさー
ぶっきら棒で、早口で、巻き舌な電話相談だった

部屋も、浮気相手の車も、勤務先もわかる
旦那が、部屋から○時○分に出てくるはずだから
ドアップで一回だけ、写真を撮ってほしい
簡単だから、調査料を○万にして。と言い張る

決めるのはこっちだし(-_-;)
《情報をもっているからマケテ》
この手の依頼は、何度も痛い目に遭遇している。ので
お会いしてして、きちんと取り決めましょうと
翌日、事務所で面会した
「○-○号室から出てくるという根拠は??」と聞くと
「そんなのいいでしょ、そこから出てくるのは
間違いないから」と、にぐっつらい口調(-_-;)

「もし、○-○から出てこなければ
調査料金がプラスになりますよ」と伝えると
「間違いないから」と自信たっぷりの返答だったので
○万円で依頼を受けた
しかし、まぁ、頑固なバ○○だった

現地に行くと、アパートが2棟並んでいたので
いやーーな予感がした
調査開始
○-○号室のドアを撮影するのに
いい感じの角度と距離の張り込み場所があった(*^^)v
予定の30分前にカメラをセット
難易度的に○万円で丁度いいや。と思ってた
予定の時刻から15分が過ぎたころ
目の前を旦那の車が通り過ぎた
マジか~、部屋が違うじゃん(-_-;)

依頼人に速攻電話をすると
「嘘~、あんたらが、間違ったんじゃないの!!」
内心《こっちはプロだ。間違ったのは、おめーだろ》
調査は初めから。なので、料金変わりますよ
と伝えると「チッ、○万円でやってよ」とガチャリ

いい歳こいて・・どんな生き様してきたんだか
飯を食っていくための、大事な依頼人なのだが
今回ばかりは
ただの、くそバ○○にしか思えなくなっていた

調査の結果
アパートも、部屋も、浮気相手も、違った(-_-;)
こんな依頼人とはストレスがたまる一方なので
少~しだけの、プラス料金を提案した
それでも、グダグダ言われ、やっとこさ承諾してもらった

△-○号室から出る報告書を手渡すと
「女と一緒に住んでいるのか??」と聞かれた
最後の最後まで、くそバ○○だったので
「・・・・・・・
そんな依頼は受けてません」ガッンと言ってしまった(ヤベ)
すると、バシッと立って無言で事務所を後にした

昔、報告時に「探偵さん、さすが、黒だねぇ~」と言われ
嬉しい思いをしたことがあります
黒とは「黒人(くろひと)」
現代で言う「玄人(くろうと)」のことです
依頼人は探偵調査の「白」「しろひと」「素人」なのだ

「ありがとう」「ごめん」も言えない
生き様が「白」の依頼人に
初の委託禁止のレッテルを妄想で張り付けた
あれから●年
あの依頼人の人生は、少しは黒人に近づけただろーか
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表