文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > シロスパイラルは続く

シロスパイラルは続く

2017年02月06日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

調査中、依頼人からのメールは「妄想」ばっかり(-_-;)

「夕食を食べないとメールがきたので、怪しい」
「いつもの昼のメールがないので、今日は怪しい」
「コンビニで誰かと待ち合わせしてるかも」
「出会い系、他の女にメールしてるかも」
「帰り道が違うので怪しい」
「自宅から動きがないのも変です、女が来るのかも」
「急に残業と連絡があったので、今日こそ怪しいです」
「きっかけになる証拠が出ればいいなあ~」

今回の依頼で3度目のシロ
裏切られるのではないか
見捨てられるのではないかという不安もあるのだろうが
「妄想」が過激になってきた

こんな方の依頼は、妄想だからシロが続きます
必死に【浮気の証拠】を出そうと依頼しますが
それが失敗(白)だったことで
【ちょっとした安心感を得る】という側面もあるようです

報告書を差し出すと、依頼人が話し始めた
『顔に出さないように、尋問したりしないようにしてるけど
ついグダグダ、言ったり聞いたりしてしまいます
「浮気をしている」と想像する私って可笑しいですか』


浮気を疑うと、最近多いのは、携帯を覗いてしまいます
覗いた後は【自分は醜い】と自責する
これが普通なのですが
依頼人の場合【当然の権利】と思い込み
シロい中身の携帯を毎晩、覗いていたらしい(-_-;)

ここまでくると、可笑しいどころか、病気です
根拠もないのに「絶対浮気をしている」と言い切るし
「調査のタイミング悪かったかな」
「生理中だったかな」
「もしかして仕事中、出先で女と合っているかも」
こんな感じで
いくら潔白を証明(報告)してもまた妄想がはじまる
聞いてて第三者の俺でも疲れるわ~

きっと嫉妬型の妄想性障害だろうな(-_-;)
依頼人は妄想を妄想だと認識していないから
治そうという気持ちを持たないし
言ってることに対して悪気もない
妄想でツッコまれた方は、その異常さに嫌気がさして
本当に浮気をしてしまうことは、よくあること(@_@)

次の依頼は、もう無しにして
夫をトコトン信じたらどうですか。と伝えると
いや、怪しさがピークに達したらまた依頼します
と、言い切り事務所を後にした

シロスパイラルはまだまだ続きそーだ(@_@。

嫉妬されたり妄想された方は
目をそらさず、返事をしてあげてください
呆れて、鼻で返事をしないよーに(*^^)v
 

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表