文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > せふれ

せふれ

2014年06月30日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

旦那45歳は、自営業をしていて
仙台方面への出張が多くあるらしい
経費の節約だといって自家用車で出掛ける
あることがきっかけで、妻は不信感を抱き
車両の走行距離メーターを計算したところ
3度に2度は出張に行っていない事が判明した

調査をすると、シッポが一日目で出た
夕方、自宅を出ると10キロ先の家の前に停滞
自動シャッターが上がると車両を車庫に入れた
旦那は得意のブランドカバンだけを持って
躊躇することなく玄関から入っていった
一軒家から出てきたのは翌朝の5時ちょうど
道の駅やパチンコ店で時間を潰し
自宅へ帰宅したのは夕方だった

一軒家の事情を調べたところ
夫婦2人で暮らしていることがわかった
夫は単身赴任で滅多に帰ってこない
車庫は2台分しかなく停めていたのは
夫のスペースだったのである
一軒家の女は、●●系の経営者で50過ぎだが
スラッとした綺麗な女性だった
問題だったのはここから
余計なことに別の車が停まっていることが判明
つまり、他の男(2人)も泊まりにきていたのである
ビジネスなのがどうなのかはわからない
フッ、そうじゃないだろうなぁー
男達は、翌朝5時ちょうどに帰る
ルールだろうか、人目を避けるためだろうか

自宅に連れ込むケースは良く見てきたが
中で何をしているかわからないのが、厳しい
依頼人の方から、手放したことが無い腐れカバンに
盗聴器を仕掛けたい。と、ミッションを受けた
勇気のある、いい提案である
次の週、うまい具合に忍び込み、感度良好
どうやら、居間からの声が聞こえてる
乾杯後、しばらく、他愛の無い話が続くが
男と女のムードになってくると聞こえてきた
そう、エッチがハジマッタのである
聞こえてきた会話に「●と俺、どっちがいい」
「どっちも・・」
他の男が来ている事を知っているようだ
「じゃ、▲と俺は」「んー、あ・な・た」
男をとっかえひっかえ遊んでいた事が判明
3人いたら【せふれ】だよな・・
せふれと言えば聞こえはいいが
既婚者からするとただの不貞行為
エッチ友達という言葉は存在しないのだ

音声の報告はリアルすぎて辛かった
これから、依頼人の成敗が始まる・・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表