文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 精神疾患

精神疾患

2014年06月16日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

依頼人は3●歳会社員、妻は2●歳無職で
付き合いが2年、結婚3年目で子供はいない
妻は、結婚前から、うつで病院に通っていた
症状が、良くなったり悪くなったりを繰り返していた
それでも、妻は綺麗で可愛いかった
この病気と一緒に戦っていこうと思っていた

しかし、結婚後、洗濯と食事以外の
買い物・掃除・ゴミ出し等は依頼人がほとんどやっている
妻が作る食事もワンパターンで不味い
洗濯も適当でワイシャツにアイロンもかけてくれない
普段は、ネットゲームやライン三昧
一緒に家事をやろうと言っても露骨に嫌がった
本当に、うつなのか、ただやりたくないだけなのか
イライラが募るばかり
夜は時に異常に求められるそうだが
こんな生活が続き性欲など、みじんも起きなくなったとか

担当医師には、
【大きな心で受け止めてあげて】と言われていたが
この生活パターンが一生続くと思うと
この先何も見いだせず・・
とうとう、安らぎの場「女」ができてしまった

妻に対し憎しみすら感じるようになっていた
病気だから仕方ない
それでも好きで一緒になろうと言ったのは、私
と、言われればそれまでですが、死ぬほど限界でした
家に帰るのも嫌になり、仕事が終われば女のアパートへ
それでも物足りなくなり
毎朝、仕事前にも癒してもらってるという

女がデキて3ヶ月、思い切って離婚を切り出した
そしたら妻から
「結婚も離婚も切り出したんだから、生活を一生みてほしい」
と言われました
このままでは、妻の呪縛から解放されない
もう、懲り懲り、愛情はありません・・・・

で、ご依頼は・・

家に隠しカメラを仕掛けて、妻の行動を記録してほしい
離婚原因となる証拠映像がほしい。ということであった

私は、依頼を受ける前に、こう、助言した
一応、2年間努力したことは認めますが
女を作って、自ら夫婦間をこじらせることをした
有責配偶者に当たることもしてしまっているので
その辺で不利になる部分もあるでしょうね
バレタラの話ですが・・

先ずは、複数の医師に診てもらい、客観的に奥さんが
精神面を病んだ病人であると証明する事
それが重度の障害でもう治らないと証明されるなら
法的な離婚理由を満たすことにもなりますよ。と・・

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表