文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

八代産業

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > お遊びの代償

お遊びの代償

2014年05月19日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

行って来ました〜山●県●市
片道360キロ、総計750キロ調査の旅

依頼人は30代の男性
出会い系サイトで1年半前に20歳の女と知り合った
週一のペースで女と密会
依頼人の家庭を壊さないのがルールだった
ところが、会うたびに依頼人のほうが熱くなっていく
妻と離婚して、女と一緒になろうと思うようになった
離婚の話が進んでいることを女性に話すと
「家庭は大事にして・・」と素直には喜んでくれなかった
それ以降、女性の態度が少しずつ冷たくなっていった
しかし、心の高ぶりはどうしようもなかったらしい
不倫がはじまり1年後に妻と離婚し子供も手放した
女に貢いだのは300万円以上の金と車
自由に使える金がなくなった頃、女は
姿をくらまし、半年が経つ

「詐欺じゃないですか・・」と私が言うと
「やっぱり・・女のために離婚、慰謝料貰えませんか」と
話してきたが、それは自分勝手で無理な話
すると「あわせて220万円の借用書はあるんですよ」と
4枚の紙切れをカバンからだしてきた
・・・それなら。と、所在調査を引き受けた

手がかりは女性の名前と実家のみ
1年も付き合ってそれ以外の情報は皆無
貢いだ車のナンバーさえ記憶に無い、厄介な調査である
実家を通じて策を講じたが所在は聞き出せなかった
一か八か、最終ミッションを仕掛けることにした
依頼人が用意した贈り物に▲を仕込んで
親に頼み込み、女の住所に送ってもらう作戦である
翌日、いいアンバイに実家から移動がはじまった
贈り物が山●県●市●町●丁目で停滞した
急遽、現地へと向かい、4時間かけて夜中に到着した
▲が示すポイントを周回していると
平屋の前に八戸ナンバーの車両が駐車してあった

近くの空き地で朝まで張り込みをすることにした
朝一、玄関から出てきたのは貢がれ女だった
不燃物のごみを収集所に置き平屋へと戻った
しばらくすると、作業着を着た20代の男がでてくる
そして、貢いだ車両に乗り込みに何処かへ去っていった
事情はよくわからないが、女は男と暮らしていた
そのことを早速、依頼人に電話で報告をした
もちろん超落胆。期待も希望も消えた様子だった
小さな声で「弁護士に相談します」そういって電話をきった
妻、子供、金、女、依頼人が失ったものは大きい(悲)

贈り物は女が一番大好きだった熊のぬいぐるみ
気に入らなかったら返してくれと添えた手紙の通り
お腹に入った▲と共に依頼人の元へ帰還中である

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表