文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > まだあるこんな探偵

まだあるこんな探偵

2014年03月31日

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

インターネットで検索して、妻の浮気調査を
東京に本社がある探偵社に依頼したそうだ

調査内容は素行調査
調査期間は1ヶ月
調査費用は52.5万円
調査方法は尾行と張り込みとあったらしい

探偵からGPSを一時販売契約をさせられ
責任を持って妻の使用する車両に取り付ければ
調査をスタートします
あとは、当社にお任せください
そういって、ホテルのロビーで契約を交わした
調査の経過が知りたければ
いつでも電話をください。ということだった

2週間が経ったので、電話で問い合わせをしたところ
「怪しい動きはないですね。もう少し待ちましょう」
たったそれだけだったという

さらに1週間後
「●日の昼から留守にしたんですが・・・」と聞くと
「その日はパチンコ店にいました」
「誰と一緒でいたか」
「男が隣に座ってましたが怪しい人物かわからないので
その後は見てません」
「男の写真は撮っていただけましたか」
「店内の撮影は違法ですから。今忙しいのでまた」
そういって電話を切られた

不審に感じた依頼者は青森支店に出向いてみた
探偵社の看板も無い普通の一軒家だった

1ヶ月が経つ頃、探偵社からこんな内容の電話があった
「怪しい動きがありませんので、調査の延長をしますか」
依頼者は「報告書をみてから考えます」
そして、郵送で送られてきたのは
1時間毎の場所と地図の一覧が10日分だけだった
しかも、写真は1枚も無かった
問い合わせをすると
調査をする日はこちらに任せるといったでしょ!!
怪しくなかったので写真は撮ってません。という回答

気の毒な依頼者である。悪徳業者に騙されたのである
尾行、張り込みはどこえやら・・・

調査しましたよ的な状況写真があって当たり前
1度も現地に出向いていないのであろう
このようなずさんな業者がいるから
平成19年から届出制になった探偵業界なのだが
ちっとも悪徳業者は、無くなっていないのが実情だ
届出をしていて、契約方法に不備がなければ
警察は調査の内容までは口出しできないからだ

探偵の実力は本当にピンキリである
長年やっているから、全国にあるから
ホームページがきれいだから
それだけで判断したらアウトです
地元の事務所に出向く
過去の報告書をみせてくれる
機材の確認をする
何度も相談する
最低限これだけは試してください

依頼人は現在、消費者センターへ問い合わせ中だ

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされて21年以上の探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表