文字サイズ

八戸Webマガジン

オラシティ八戸

Yahoo   Google   goo   livedoor

最新記事

HOME > 週刊 八戸の探偵日誌 > 調査カブリ

調査カブリ

2014年03月10日

記事提供 (株)MIRAI(ユ・アイ・リサーチ/シークレット・アシスト)
http://www.kabu-mirai.com/

記事提供のMIRAIは八戸市で調査業をされている探偵事務所です。
個人情報保護の為、記事の内容は実際の出来事に脚色している場合がありますが、
実際に依頼のあった事件を元に記載されています。

個人が特定されないように実際の内容から変更している場合があります。

ある娘の母親と祖母が事務所にやってきた
相談内容は娘(孫)の転居先調べであった
娘は2●才、×イチで関●から出戻り
親の自宅近くで一人暮らしをしている
以前●●のアルバイトをしていたのだが
その会社の男性2●才と不倫がバレて
妻から慰謝料請求されている最中に退職した
それにも関わらず、男と一緒(結婚)になるからと
話していたらしい
先日、母親が様子を見に娘のアパートにいくと
玄関先にゴミ袋が山積みにされているのをみた
遠くへ逃げる計画をしているのかもしれない
そう、思い事務所にやってきたのである

調査方法を説明し調査料金を見積りしたところ
とても、支払える金額ではないので様子をみる
ということで事務所を後にした
本当に心配であればそんな高額ではないのですが
人はそれぞれ事情がありますからね・・それとも
こんな娘には金をかけられなかったのかな

数日後、20代女性から旦那が帰ってこなくなった
どこに寝泊りしているかを知りたいと
問い合わせがあった
早速、事務所に来ていただき契約書を記入する際に
私は、ん・・と生ツバを飲み込んだ
調査は、勤務終了後、車両を尾行して
寝床場所を突き止めることになった
調査の結果、あるアパートが判明した
軽自動車をふさぐような形で縦列駐車していた
車内を覗くと間違いなく女性所有と断定できた為
誰と一緒なのか追加調査をすることになった

そのまま、翌朝までアパート付近で張り込みすると
女性と2人で玄関から出てきた
女性を尾行すると、別のアパートにたどり着く
やっぱり、あの娘か・・図星だった
受件するまでは詳細を聞かない。と、いうより
個人情報流行で話さない人が増えている
ただ、娘のアパートのある地域だけは聞いていた
女性は、1時間後ダンボールを車に積み込み
ふただび、男性とのアパートへ戻ってくる

事件性があれば、別だが
職務上、あの、相談者2人には話せない
遠くへは逃げていないので
いつかは娘の足はつくであろう

離婚もしていない妻から慰謝料請求されているのに
強行突破的な行動はいかがなものかと(泣)
これは、イマドキなのでしょうかね
いずれにしても重い代償を背負うことになる
子供がいない。ソレだけが救いの種である

記事の感想

この記事の感想をお選びください

コメント投稿

お名前
パスワード
コメント
認証コード

※画像の中の数字を半角で入力してください

八戸なんでも掲示板

掲示板入口

八戸・下田 上映中映画

時刻表